アガリクスの知られざる効果|免疫力がグイグイ上がる

効果を期待

特に多く含まれる有効な成分について

ブラジルのピエダーテ地方で神の茸と呼ばれているのがアガリクス茸です。アガリクス茸には数種類の茸があり、この中でも効果が特に期待されているのが、アガリクスブラゼイムリルと呼ばれる茸で和名をヒメマツタケといいます。これを常食しているピエダーテの人々が癌等を発症することが少なく長寿であることから、アガリクスに含まれている成分について調査が行われました。その結果、アガリクスにはβーグルカンという成分が多く含まれていることが判明しました。β―グルカンには、免疫力の向上効果や癌細胞の増殖を抑制する効果があります。β―グルカンの他、ビタミンやマグネシウム、カリウム等の成分も含まれています。他の茸にもβ―グルカンが含まれているものもありますが、1番多く豊富に含んでいる茸はヒメマツタケです。

サプリメントで効果的に摂取

アガリクスはβ―グルカンの成分を多く含み、免疫力の向上や癌細胞の増殖を抑制する作用があることは既に述べました。アガリクスの他の有効な成分として、糖尿病等の予防効果やアレルギー症状の改善、骨粗鬆症予防や便秘の改善効果等があるといわれています。以前は栽培が難しいといわれたアガリクスですが、現在は各地で人工的に栽培されるようになりました。アガリスクの茸の中でも効果が最も期待されるヒメマツタケは、サプリメントとして販売されて手軽に手に入れることできます。サプリメントには、アガリクスの成分が効果的に身体に届くように工夫がされています。食事や運動等の日常生活にも気を付けながら、上手にアガリクスを利用するようにしましょう。